セレモニーいけだTOP < お役立ち情報 < これからの葬儀


これからの葬儀 

VIEW

「セレモニーいけだ」のお葬儀に対する考え方とこれからのお葬儀

死者を葬るセレモニーは古くは石器時代から行なわれていたといいます。


その時代に花や石等を死者の周りにお供えして埋葬した痕跡が海外では発見されています。

死者が安らかに眠って欲しいと切に想う気持ちが自然とその行動に結び付いたのではないでしょうか。


その後、長い歴史を経て、現在のようなお葬儀に形を変えてきました。

現代の日本のお葬儀は宗教の教えの下に執り行われている事が殆んどです。

今後もしばらくは宗旨、宗派を尊重するお葬儀の形は崩れて行く事は無いでしょう。


しかし、宗教を尊重するという根底はそのままに、近代において葬儀の手段は大きく変化しています。


例えば、大正時代の寝台車・霊柩車の導入がその一つです。今では自動車での ご遺体搬送は当然の手段ですが、当時は新しい文明を葬儀に取り入れる事にとても抵抗があったようです。


このように人々の生活習慣やスピードの変化がさまざまな文明を取り入れる事となり、更に 人々の生活の速度が増している昨今、葬儀のスタイルは確実に変化しています。


生活習慣に合わせた、家族葬、直葬等が主流になりつつありますが、人を弔う気持ちや想う気 持ちは死者の周りに花や石を添える時代から何も変わっていないのではないでしょうか。

「セレモニーいけだ」は、施主様と十分に話し合いの末、今の時代に合ったお葬儀を提案させていただいております。


想う気持ちを大切に、心を込めてラストセレモニー 根幹は忘れる事無く、皆様の大切な人の お葬儀を心を込めて執り行わせていただく事をお約束いたします


㈱セレモニーいけだ